大事な人脈づくり

エンジニアが独立する前には、人脈づくりが大切だと言われます。人伝に評判を聞き、仕事を発注してくれる人が出てくる可能性があるためです。

人脈づくりには、勉強会や交流会への参加が効果的です。ここに時間とお金をかけた人ほど、独立後の経営が上手く行くと言えます。積極的に参加し、スキルアップに精力を注ぐと良いでしょう。また、今後の財産となり得る、他のエンジニアとも知り合えます。

フリーランスエンジニア仲間が多いと、その人が受注できない案件を回してくれたり、その反対もあったりして、助け合いができます。フリーランスになると後ろ盾となるものがなくなるため、横に広く繋がりを作っておきたいところです。

フリーランスは勝手に仕事が飛び込んでくるわけではないため、営業が必要になるでしょう。その前に、自分のアピールポイントとなるスキルやキャリアをしっかりとまとめておくことが大切です。IT以外の得意なことも付加価値として捉えられる場合もあるので、できることは全てピックアップしておくのが得策です。

営業方法は、飛び込みスタイルよりも、技術系ブログや開発プログラムコードの公開で営業するスタイルが主流になりつつあります。逆求人のような形で発注を受けられるので、幅広いところに目を触れさせることが大切です。

もちろん、フリーランス向けの求人サイトやクラウドソーシングで案件を探すといった方法も有効です。安定した受注がない時期は、こうしたサービスを使って仕事を得るという方法もあります。案件サイトに関してはフリーランスは案件サイト活用がカギというページで詳細を知ることができるので、活用したい人はそちらをご覧ください。