独立前にするべきこと

一般的な会社員として働くプログラマーもいますが、独立してフリーランスになっている人も少なくありません。そういった働き方をしている人は、通常は上司や同僚から頼まれる業務が一切ないのが特徴です。

働き方はその人それぞれですが、フリーランスに共通して言えるのは、仕事は全て自分自身で選ぶことができる点です。同じプログラミングでも、より自分の得意な分野の仕事に絞り込むことができます。仕事のノルマも自分自身で決めるため、無理のない働き方ができます。就業時間も自由ですから、育児と仕事を両立させることも難しくありません。苦手なクライアントや業務は断ることも、フリーランスならできます。自由に全て自分で決定できるのが、フリーランスの最大のメリットです。

ただし、フリーランスとしての働き方はメリットだけではありません。営業も全て自分で行わなければならないため、顧客を獲得するまでは苦労することもあります。プログラミングが得意でも実績がないと、仕事を思うように獲得できないということも多いです。

営業以外にも経理など、会社では行ってこなかったような業務も全て自分一人で対応します。税金も自分で計算する必要があるので、ある程度の仕組みを理解しておくことが大切です。法人として登録しているなら、社会保険制度に入ることも必要です。職種によっては、文芸美術専用の国民健康保険組合といったものもあります。

このように、フリーランスは魅力的な働き方である一方、自分で行う業務も増えてくるので独立前にしっかり勉強しておくことが大切です。