フリーランスの注意点

IT業界における独立やフリーランスは、必ずしも全ての人が成功を収めているわけではないのが実情です。

その大きな理由の一つが、競争率の激化です。IT業界の需要は加速度気味に増加傾向にあり、こうした理由から独立やフリーランスへの転身を選択する人は増えています。しかし、いくら仕事が豊富にあるとは言っても有限である以上、ライバルと仕事を取り合う形になるのは避けられません。

フリーや独立で成功を収めるためのポイントの一つが、タイミングです。ここでいうタイミングとは年齢のことで、IT業界は若い世代が有利とされています。これは、年齢が若いほど知識や技術の吸収率が高く将来的な伸びしろが期待できるのが主な理由です。特にエンジニアはこの傾向が顕著に現れていて、40歳を過ぎての独立やフリーへの転身は、顧客の確保など余程の条件が揃っていないと難しいのは否めません。

IT業界は進化に合わせて新しい技術を身に付けることが求められるので、一般的な仕事のようにそれまで培ってきたキャリアだけでは通用しないケースも多くあります。そのため、独立を視野に入れているのであれば、先送りにせずにすぐにでも行動を起こすことが大切です。

フリーランスは、文字通り仕事に関わる業務を全て自分で行うことになります。仕事の受注や賃金交渉はもちろん、経費の計算や納税申告など、会社勤めの時は別の人がやってくれていた事務作業もこなさなくてはなりません。ただ与えられた仕事をこなすだけだった会社員とは違い、仕事や責任が増えることもしっかりと考えた上で決断をすることが必要になります。